Welcome Guest 
メインメニュー
トップ  >  コラム  >  2009年2月のコラム
ずいぶん前に正月が終わったような気がしますがやっと2月に入りました。
暇だと時間が長く感じると言いますが特に長く感じます。
様々な人が「景気後退は暫く続く」「まだ入り口であってこの先が長いトンネルである」と
ネガティブな報道ばかりが繰り返されています。確かに楽観視できるような状況でないのは
誰の目からみても明らかです。ではどうしたら良いのでしょうか?
「この不景気で生き残った者だけが勝者」「増えすぎた業者が淘汰されれば良くなる」
確かにこれも正論だと思います。でもその淘汰される側にならない自信ありますか?
私にはないです。力のある会社ならば"内部留保で対応する""大規模な改善をする"
など様々なことを考えられると思いますが、うちのような零細企業では難しいことです。
では何ができるか考えてみました。
既存の仕事が思わぬことで無くならぬよう社員への再教育。
そして積極的な営業、宣伝活動。入ってきた仕事を逃さないための協力体制作り。
何もせずに後悔するならば出来る事を全力でやって行こうと思っています。

みなさん、力を合わせて前向きに行きませんか!
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:51 平均点:5.29
前
2009年1月のコラム
カテゴリートップ
コラム
次
2009年3月のコラム
検索
過去記事
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録